個別セラピー

個別セラピー

目的

保護者様、お子様のご希望やご心配の解消と軽減の為に、発達の段階に沿ってプログラムを行います。概ね30分から40分程度、個室又は集団室で先生がマンツーマンでお関わりします。

どんなことをやるの?

学習の進捗に従って、個別でのプログラムは、お家や園でも出来るようになるためのものを段階的に作成し、進めていきます。基本の流れはありますが、お一人お一人のご希望と発達に合わせたプログラムを作り、ご家族様にもご説明します。

  • たとえばセラピーのポイントをひとつ挙げるとしたら?

    「“欲しいもの”を言葉を使って言えるように。」という希望があったとします。環境設定とマンツーマンの援助で、「…だい。(ちょうだいの語尾)」が言えるようになりました。他の先生にも言えました。更にお家でも「…だい。」の発語の時は本人が要求している物を出来る範囲で渡してもらえるようになりました。その般化すなわち望む行動ができるようになったら、その後「おーあい」次いで「ちょうだい」と明瞭性を形作っていきます。

そのポイントを、どうやってクリア(達成)していくの?

お子様の日ごろの様子を確認し、例えば「ジュース、ちょうだい」と欲しいものをより具体的に伝えられるように練習したり、「あけて」や「とって」など違うシチュエーションの際にも要求を出していけるように練習したりしていきます。 言葉で便利に要求を伝えられたという経験を得られたことで、今後も言葉で要求を伝えることが増えていきます。そのような成功体験を様々な場面で確実に積み上げてまいります。

結果はどうやって教えてくれるの?

プログラム内容によって変わりますが基本的にはプログラムごとにデータシートを取っていますので、その説明をいたします。 また、ご家庭での変化のポイントをお伝えすることもございます。

自己評価表

coming soon

Copyright © Terapiapocket All Rights Reserved.